トップページ > 製品情報 > スタットボード

スタットボードは、JIS A9511 A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板特号に特殊プラスチック補強材を組み込んだ、型枠兼用の複合断熱材です。

スタットボードG4▲スタットボードG4

スタットボードG3▲スタットボードG3

  • 特殊プラスチック補強材は強固な支持があり、内装はもちろん外装材の取付けが可能なマルチパネルです。又、改修工事にも対応しています。
  • 補強材本数の違いで、G4・G3の2種類の製品があります(写真:左上G4外観、左下:G3外観)。
  • 型枠合板不要,せき板代わりに使用できる型枠兼用断熱材です。
  • 補強材は釘が効き,内外装の下地材に転用できます。
  • 軽量で、丸ノコ(チップソー)で簡単に切断できます。
■特許:第1989410号
「型枠・内装下地兼用断熱パネルと型枠・内装下地兼用断熱パネルの施工方法」
■建設技術評価規定 平成9年度課題号
「建築物の断熱材兼用型枠工法の開発」における評価書を取得しています。
【建技評第97106号】

■外断熱後張工法での施工例

スタットボード後張り工法での施工例

スタットボード後張り工法での施工例写真02

■内断熱工法での施工例

スタットボード内断熱工法での使用例

スタットボード内断熱工法での使用例2

スタットボード内断熱工法での使用例3

特 長

スタットボードG4

働き巾900mmの断熱材に @227.5mm間隔で右図断面形状の補強材を組み込んでいます。補強材が「縦バタ材」代わりになりますので「横バタ材」のみで建込み、コンクリート同時打込工法で施工できます。

(左:G4製品寸法図、右上:支保工取付例、右下:補強材断面

■製品規格

(mm)
910(働き幅)
長さ 1,820・2,400・2,700・3,000
厚さ 50・65・75・100

スタットボードG4製品規格

スタットボードG3

働き巾910mm(尺モジュール)の断熱材に @303mm間隔で右図形状の補強材を組み込んでいます。G4より補強材本数が少ないため「縦バタ材」の省略はできませんが同時打込工法で施工可能です。

(左:G3製品寸法図,右上:支保工取付例,右下:補強材断面)

■製品規格

(mm)
910(働き巾)
長さ 1,820・2,400・2,700・3,000
厚さ 40・50・65・75・100

スタットボードG3製品規格

スタットボードの物性値

■スタットボードG4の複合物性値

厚さ mm 50 65 75 100
平均熱伝導率 W/(m・K) 0.0364 0.0353 0.035 0.0344
重量 kgf/m2 4.3 4.7 5.0 5.7

■スタットボードG3の複合物性値

厚さ mm 40 50 65 75 100
平均熱伝導率 W/(m・K) 0.0353 0.0347 0.0343 0.0341 0.0338
重量 kgf/m2 2.9 2.1 3.6 3.9 4.6

PAGE TOP